「 TVドラマ・映画化原作本書評 」一覧

NO IMAGE

死神の精度

いまのバチスタを読み始める前に3日ほどで読み終えたのがこの映画原作。 金城武と小西真奈美さんの映画です。 ちょっとメルヘンチックというか、題...

記事を読む

NO IMAGE

斉藤さん 1 (1) (オフィスユーコミックス)

来年水曜9時の日テレのドラマ原作。 またコミックが原作ですかい。。。ヽ(;´Д`)ノ なんてことはさておき、こちらは痛快。 篤姫さんとは違っ...

記事を読む

NO IMAGE

天璋院篤姫

読書期間:10/22~12/7 いや~~長かったです。 でもけっこうおもしろかったですよ。マリーアントワネットよりは。 そもそも歴史って苦手...

記事を読む

NO IMAGE

レインマン

読書期間:10/12~18 トムクルーズの映画が有名だと思うんですが、椎名桔平と橋爪功さん主演での舞台が再演されるってことで原作を読んでみま...

記事を読む

NO IMAGE

ガンジス河でバタフライ

読書期間:10/5~11 さんまとの共演でドラマが始まった長澤まさみちゃんですが、そのちょっと前に放送されたのがこのドラマ。 でも予想以上に...

記事を読む

NO IMAGE

転々

読書期間:9/24~10/4 オダギリジョー主演の映画化原作。 って、本の帯で選んだものです。 内容は借金取りに追われる主人公がその...

記事を読む

NO IMAGE

サウスバウンド

読書期間:9/3~14 トヨエツさんのはまり役っぷり(想像)が興味をひいて、読んでみました。 過激派だの右翼左翼だの、後半の沖縄のスローライ...

記事を読む

NO IMAGE

ホタルノヒカリ

綾瀬はるかちゃんの干物女っぷりがかわいくて、漫喫で原作漫画を読み出したものの、休憩時間の30分ごとではまどろっこしく、現9巻まで大人買い 一...

記事を読む

NO IMAGE

プロヴァンスの贈りもの

読書期間:8/6~13 なんていうか、これを読むとワインを飲みたくなり(飲めないけど)、南仏に行きたくなりますな・・・ こちらも始まりはハー...

記事を読む

NO IMAGE

時をかける少女 〈新装版〉 (角川文庫)

読書期間:8/1~5 おなじみ何度も映画化テレビ化された作品。 私の場合は原田知世の世代ですが・・・。 でも実は実写版って見てないんです...

記事を読む

NO IMAGE

幸福な食卓 (講談社文庫 (せ13-1))

読書期間:7/25~30 始まり方が唐突で、ちょっとひきましたが、全体的にこれも柔らかい穏やかなお話です。 ただちょっと悲しい部分があるので...

記事を読む

NO IMAGE

暗いところで待ち合わせ (幻冬舎文庫)

読書期間:7/17~23 これはまず、DVDから先に見ました。 何かの番組で紹介されててちょっとよさそうだったので。 こういう登場人物も比較...

記事を読む

NO IMAGE

山おんな壁おんな 1 (1)~6

いや~もう今年はSMAPさんのコンサートはないんでしょうねぇ。。。 あまりにも青い封筒が届かないのでついに夢を見てしまいました。 そう。青い...

記事を読む

NO IMAGE

腑抜けども、悲しみの愛を見せろ

いやぁ~~~。これはヒドイ 最初、書店で見た印象ってけっこう当たるんですねー。 これ、読もうって気にならなかったんですよ。最初。 だ...

記事を読む

NO IMAGE

機関車先生

読書期間:6/22~6/28 ときにはこういうベタなお話もいいですよね~~ これといったドキドキ感はないんですが、心にしみるというか、ジーン...

記事を読む

NO IMAGE

玉蘭

読書期間:6/11~6/22 6/16に常盤貴子さん主演で放送された、ドラマ化されたこの作品ですが、2000年の小説トリッパーというのに連載...

記事を読む

NO IMAGE

憑神

読書期間: ~6/10 浅田次郎さんの作品は、映画(テレビでやったやつね)の鉄道員と、地下鉄に乗ってとあわせて3作目なんですが、いつもこう、...

記事を読む

NO IMAGE

子宮の記憶~ここにあなたがいる

読書期間:5/24~ いやぁなんていうか。 本のタイトルからすると異様にかけ離れた内容でしたね~~ っていうか、このタイトルちょっと意味不明...

記事を読む

NO IMAGE

しゃべれどもしゃべれども

読書期間:5/18~23 最初落語のおハナシだとわかって読むの迷ったんですが、映画の宣伝を見てなかなかおもしろそうだと読むのを決意。 いや落...

記事を読む

NO IMAGE

孤独の賭け

読書期間:4/26~5/19 上・中・下とあったわりにはけっこう読みやすかったです。 時代設定もまだ生まれる前だという頃なのに、お金の価値を...

記事を読む