北島マヤ的自分さがしで限界を超える~育三郎のI am 直太朗

だからなんでドラマの時間にラジオぶつけてくるんだ・・・

ああ、育三郎とのさくらヨカッタ~~またぜひ共演お願いします。
ギターバージョンもイイね~~22.gif
radikoタイムフリー
migi.gif山崎育三郎のI AM 1936 | ニッポン放送 | 2020/02/08/土 21:30-22:00 

そんでここにもまた北島マヤがいたw
菅田くんとはホント真逆なんだな直太朗。
菅田くんはいろんな役やってると自分が分からなくなる言ってて取り戻す為に唄ってんだもんね。

直太朗は歌そのものが嘘の所以だったとは・・・

いつか自分が見つかったら歌やめんの?w
どうか御徒町よ、直太朗に紅天女的詩を書いてあげてw

北島マヤという生き方

知らない人がいるかもなので説明すると、北島マヤというのは美内すずえさんの漫画ガラスの仮面の主人公です。

ガラスの仮面 49 (花とゆめCOMICS)
美内すずえ
白泉社 (2012-10-05)
売り上げランキング: 22,988

何の取り柄もないマヤはある日演劇と出会います。
仮面をかぶり役に成りきることで別の人生を歩むことが出来ると気づいたマヤは演劇の世界にのめり込みます。

少女漫画的苦難を幾度となくドラマチックに乗り越えたマヤは師匠の月影千草、ライバルの姫川亜弓、魂の片割れ?芸能プロダクション社長の速水真澄に見守られながら成長を重ねます。

姫川亜弓と役の座をかけて目指すのはかつての大女優、月影千草の演じた紅天女。

その役を勝ち取る為にガラスの仮面をかぶり続け・・・

というお話なんですが、今毎週日曜日の晩BS朝日で再放送してます。
2に入ったばかりなんでまだ間に合います。見られる方はぜひ。

人生はエチュード

直太朗は自分の創った曲によってその設定でエチュードしてるんだってw

育三郎もミュージカルで役になるから歌えるんだって言ってたし、人生に疲れたらこういう生き方もいいかも。

確かに演劇はハードル高いけど歌なら簡単に始められるもんね。

限界を超える

去年の夏から引っ込み思案という感覚がなくなったってw
けどそういう意味では直太朗にとって御徒町は偉大な存在だなw

去年の夏といえば人間の森ツアーなんだけど、自分自身との決別もあり限界を知ったって言ってた。

ま、限界なんて自分で決めつけてるだけなんだと思うのでこれからどんどん超えて行ってほしいw

とりあえず育三郎とのコラボイベントお願いしやす。
ultra soul楽しみにしてるw

そういや育三郎にイヤモニについてアドバイスしてたね。
そういう事もどんどんやってけばいいと思うな。
自分自分もいいけれど、後世を育てていくのも大事なことだと。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です