腸デトックスダイエット~大腸内視鏡検査という名のもとで

健康診断で引っかかる

それでなくてもストレス抱えて生活しているのに、この数か月ストレスが半端ない状況でして。
表には出さないんですがね。(だからもっとたまる一方で。)

もともと料理は得意ではなく、好きなものをテキトーに作って食べてたんですが。
食費を削らなくてはならない状況に追い込まれてしまい、好きなものばかりも食べていられなくなりました。
そうするとますますストレスがたまるわけで。
そのストレスを解消すべく休みの日はお菓子ばっかり食べてました。
その中で健康診断で引っかかった再検査が待ってました。
胃カメラはその健康診断の中に含まれてるんで問題なかったんですけど。

大腸の内視鏡検査です。

別に検査自体はどうでもいいんです。
有給とって休めるし。

その前の処理が面倒なんですよね。
食事制限と腸を空っぽにする作業。

そもそも大腸の内視鏡は大腸がんとポリープを発見するために行うようなもの。
健康診断で引っかかったのは2回目で前回にポリープはとってもらったはず。
で、年齢からいって別に今回受けなくてもいいよ的なことを申し込みに行った時の担当医に言われたw

体調的には変化はないし痩せてきてないし。
大丈夫ダロと職場の人にも言われてたww

けど内視鏡検査はなぜか大人気なのかまさかの3か月待ち。
それならその間に覚悟もできようと念のため申し込みしました。

ちなみに内視鏡検査は普通に申し込むと高いんだと思いますが健康診断で引っかかったのでその検査結果を持ち込めば保険で受診できます(3割負担)。

前日

まずは前日の食事。
翌日検査までに腸を空っぽにしないといけないのでこの日は消化の良いものしか食べられません。
けどここまでは別にまだ大丈夫だった。

消化の良いもの=好きなもの

だったので良かった。
食パンとか白ご飯とか。
お菓子もビスケットならOKだった。

ただし気を付けないといけなかったのが20時までに終わらせること。
危なかったー。

ダメなものも上げておくと、繊維の多いものとか乳製品はNG。
きのこ類とか牛乳とかチーズとか。野菜も葉物とか食物繊維が多いのは腸に長くとどまるからダメなんだって。

けど口さみしいとお菓子食べてたけど人間やる気になったらちゃんとできるのね。
我慢して消化良いご飯だけで済ませることが出来た。

寝る前に緩下剤のラキサベロンを飲んでおやすみなさい。

検査当日~検査直前

病院が遠いんだけど朝食はもちろんとってはいけないんでと思って侮った。

自分では便秘ではないと思っていたのが隠れ便秘だったらしい。
緩下剤が超効きすぎてお腹痛い。

このままだと検査に行けないかと思ったくらい苦しみながらトイレにこもり、冷や汗かきながらなんとか病院までたどり着けた。

これ普通の人だとすんなり排出できるだけでお腹痛くならないらしい。
確かに前回やったときはここまで苦しんだ記憶がない。

そのこともちゃんと検査前に伝えたんだけど、慣れっこの看護師さんたちは容赦ない。

もっともっと空っぽにするための腸洗浄剤を飲まないといけないんですがこれがおいしくない。
けど数年の間にちょっとだけ進化したらしい。
前は2リットル飲まないといけなかったんだけど、今回は1リットル飲んでキレイなれば検査受けれるんだって。

で、その薬も味の素製だった。モビプレップっていうんですがスポーツドリンクをまずくしなような味。結局美味しくはないってわけヽ(;´Д`)ノ

けど、1時間かけて1リットル飲むっていうのは楽勝だと思ってほっとしていた。くらいのまずさ。

でもね、これ歩き回ったりしないと1リットルではちゃんと排出されないんです。
なのにお腹痛いワタシはそれができずあなどっていた。

1リットル飲んでそのあと水かお茶をさらに500ml飲んで、看護師さんに見せてOkがでれば検査に移れます。

歩きましたか?

ハイばれてます。
てかお腹痛い何回も言うてるやん!

追加来ましたorz

結局1.5リットルほど飲む羽目になりようやく解放。

この日は10人くらい検査の人がいてOK出た人から順番で検査が受けれて徐々に減っていくんですけど中でももっとひどい人もいたので最後にはならんかったw

元気な人は階段上り下りとかしたらいいですよ。
目安はカスが残ってるかどうかです。

ようやく検査へ

この腸洗浄剤は水と違って水分を取り込まないんですって。
なので半日水分とってないことになるから脱水症状ならんようにって点滴を打ってくれた。

これは前回なかったと思う。

そしてこのときに鎮静剤もお願いしとけばよかった。

鎮静剤は検査の直前にって言われて安心してたのに、何も言われず意識しっかりしたまま検査が始まって苦痛が全然はっきりしてるやんけ。

胃カメラの時はすぐに寝こけて起きたら終わってたのに。

結局いつ鎮静剤うってくれたのかわからないまま検査終わって、お腹痛いのもこの検査でひどくなって歩けないほどになりながらリカバリールームに案内された。

検査してくれたのは女医だったんだけど女医ってほんと容赦ないよね。
痛い苦しい言ってんのにどんどん検査進めやがった。
それに検査中看護師と会話するの不安になるからやめて。

鎮静剤きいてないよ。
会話丸聞こえだよ。不安になるよ。お腹痛いよ…

最初鎮静剤忘れたのかと思ってたけど、その後リカバリールームで寝こけてたのでやっぱり効いてたんだなと。
後でほかの看護師さんに聞いてみたら希望者には絶対してるはずなのでとのこと。
けど今から鎮静剤打ちますとは言わないんだって。
そして点滴に混ぜたらしい。

だから効くのが遅かったのか。イミないよー。注射にしてよ。

結果

お腹痛いのはやっぱり下剤のせいだった。
ポリープもがんも見つからなかった。

なんとかなんとか腸炎だって言われた。
その薬による。
ヒドすぎる。

やっぱり受けなきゃよかった。

って思うのは結果オーライだからよね。

うれしい効果

どんだけ詰まってたんか知らんけど、結果2キロ近く体重落ちました。

これを機に食生活見直して維持するんだ。

最近ドラマのフラジャイルのなかでこの大腸内視鏡を何回も検査させるっていう話やってたけど恐ろしい。
ワタシなら断る。1回で十分じゃ。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です