自分にしかできないサクラになってやろう

さくら(二〇一九)につられて水10ドラマの同期のサクラ見てみましたがコレジャナイ感。

いや、奥のピアノのBGMはヨカッタです。
最後の直太朗のさくらがドラマとそぐわないというか…

曲自体は好きだしアレンジもイイ感じ。
けどどうせならドラマに合わせて2019ではなく第2章とか新しく作ればよかったのに…

あ、ドラマ自体はオモシロかったです。
まあデートの杏とかキャラがどっかで見たことあるあるだったけど、お仕事ドラマと仲間と何かを作り上げるっていうストーリーは結構好きなので。

ともあれ直太朗よ、有料ラジオでこっそり唄ってないで新曲をはよexclam.gif

せっかくなのでドラマ内でサクラのじっちゃんがFAXで送ってきた格言を残しておこうかなっと。

第1話

自分にしかできないことをやる

ま、これはけっこうおこがましいというか。
自分にしかできないことってそんなにないよね。

なのであまりこれはキニシナイ。
真似してもらってなんぼだという説もあるし。

それくらい頑張りましょうという程度で。

第2話

自分の弱さを認めることが大人である

えー。そう?

弱さを武器にして頼りまくってる人が大人だと思えないんだけど…
なんて思う自分はヒネクレてるんだなきっと。

やっぱりサクラはもう目覚めないんだろうか…

第3話

本気で叱ってくれるのが本当の友だ

イマドキサクラのように本音で語る子ってあんまいないんじゃないだろうか。
SNSだけのうわべの付き合いとか、仲良しのフリとか。ケンカなんかしたことないって人もいるんじゃないの。

あんまキツく言うと泣いちゃう人もいるしw(経験談)

色々制限多い世の中だよね…
本当の友、欲しいなぁ。

第4話

辛い時こそ自分の長所を見失うな

長所ねぇ。それ自分だと短所だと思ってたりするからなぁ。
てか周りはあんま気にせず、ちゃんとやるべきことをやってさえいればいいような気がする。

サクラたちのような同期の仲間っていいよね。
はじめて入社した時の事思い出しちゃった。同期会(名付けて生ドラ会。楽しかったなぁ。)

sakura

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です