ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ

ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)
三上 延
アスキーメディアワークス (2011-03-25)
売り上げランキング: 10,658

東京バンドワゴンの記事を書いてて気が付きました。
ビブリアの感想を書いていなかったことに。

というのも、まだドラマ化が決まってない時期に読んでしまってたんでした :asease:

これなかなか面白かったですよ。
バンドワゴンもそうだったのか知らないけど、誰かの絶賛を受けてて本屋でコーナーが出来てたんですね。
それで原作本の読むものがたまたまなくなってた時に手に取ってみたのがこれでした。

せどりなんて言葉もこの本読んでようやく意味を知りましたし、やっぱり若い男女が主人公となって話が進んでいく方が読んでて面白いですよね。
そのどちらにも興味深い過去があるようで。
その辺を織り交ぜつつ、古書にまつわるストーリー形式で話が進んでいくのが面白いです。

ドラマ化は、まったくイメージの違うゴーリキーさんだったので見てません :`・ω・:

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です