神はサイコロを振らない

神はサイコロを振らない
大石 英司
4122046238
昨日の通勤、行きの電車でほぼ読み終えました~~peace.gif
最後の方は涙が出そうになったけど、電車の中だったんでうるうるした程度にとどめましたd_smile.gif
今まで読んだテレビドラマの原作の中で一番よかったです~~~(゜ー゜)(。_。)
ドラマは今3話が終わったとこですが、ストーリーが若干原作と違っててその進み具合の遅さにイライラしたり。
決定的に違うところが、黛さんは原作では男性です。
しかも恋人もいない未婚者です。弟もいません。
ドラマの方は1話目最初の冒頭の時空にまきこまれていくシーン、すごくうまくできていて鳥肌モンだったんですが小説だとそれは自分の想像でしか表現できませんよね。
原作では、自衛隊の空軍の話がしょっぱなから出てくるんで、そんなの普通の人はあんまり知らないわけだし想像なんてできるわけもなく意味もわからず読んでました。
これはドラマではカットされてましたね。。。


ドラマはついつい402便の搭乗者たちよりも小林聡美さん演じる黛さんやその友達のフライトアテンダントのともさかりえ、恋人のパイロット、山本太郎なんかに目が行ってしまいがちですが、原作ではそれぞれの搭乗者たちの背景がメインに描かれています。
テレビでは出てこないミスターⅩの話が軸になっていたり、そのため警察の関係者が出てきてそのかけあいがおもしろかったり。


それぞれの搭乗者の意外な結末ではありましたが、やはりまた消えるということだけは変わらなかったです。
今後はそう納得してドラマの方も見守りたいと思います。
それにしても、加藤教授演じる大杉蓮さんよく出てますね~~~!
ワタシがこの人を強烈な印象で覚えてるのが『うずまき』というホラー映画?だったんですけど、その奥さん役を演じていた高橋恵子さんが後藤瑠璃子の母親役で出ていたのが笑えました(・∀・)
といってもバラバラのシーンなんで接触はなかったんですけどね。
このように(?)以前共演した女優・俳優さんと再び共演するっていうのはドラマではけっこう多いですよね~~。
武田真治くんも以前小林聡美さんと共演していたし。(これは旦那にいわれて気づきました)
市川実和子ちゃんと実日子ちゃんはややこしいってばヾ(*`Д´*)ノ”
どうやら姉妹のようですな・・・。


※このカテゴリーでは、テレビドラマ化・映画化された原作本を読んでの感想と見たドラマについてはその感想も一緒に書いてます。
ドラマ化・映画化された原作でオススメがあったらぜひ教えてくださいね!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です