高校時代の映像でなぜか泣ける~結婚できないんじゃなくてしないんです

今期ドラマの中でも割とノーマークだった金10中谷美紀×藤木直人のドラマにはまるなんて。
世代的にはまるのかな。
別にみやびと同じような状況でもなく婚活してるわけでもなく、特に藤木が好きでもなく。
感情移入はしないんだけど。

毎回入る高校時代のシーンの懐メロが全部懐かしくて当時のことを思い出せる。

ドラマ自体はありえな過ぎてまあただ面白と思いながらみやびの部屋の本棚がうらやましいなとか、こんな行きつけのお店あったらいいなとか思いながら見てるだけ。
最初は藤木エンドかなと思ってたけどみやび結局誰とも結婚しないエンドもありかね。
桜井くんエンドは相手が徳井だけにちょっとイヤw

高校時代の桜井君があんなにイイ感じなのになんで徳井なのか。

第1話ユーミン/春よ来い

大学時代のカラオケで誰か歌ってたなぁ。

第2話スピッツ/空も飛べるはず

CD持ってるし。

第3話プリンセスプリンセス/M

高校時代に追っかけしてた森脇健児wのざまぁカンカンって番組のエンディング曲だった。
授業終わってすぐに読売テレビの番組観覧に並んで何回か前の方で見れて。

今にして思うと楽しかったけどなんて無駄な時間w

でも健ちゃんは当時大阪では大人気だったのですよ。。。

第4話ミスチル/抱きしめたい

ミスチル自体に思い出はないけどなぜか曲は知ってるんだよね。
それってすごい事よね。
別にファンでもないのに。

第5話サザン/涙のキッス

サザンと言えば中学時代の部活のときにかかってた曲なんで嫌な思い出しかない。

第6話井上陽水/少年時代

大学時代授業の一環で井上陽水の歌詞を研究するってのがありまして。
それに取り上げられる井上陽水はスゴインダナと当時思った記憶があります。

みんなその授業の外人先生を嫌がってたけど、今思えばいい先生だったなと。
テープに自分の声で英語の歌詞を読み上げて吹き込み提出するっていう。
そんでもってそれを一緒に聞いてダメだしされるという過酷な授業だったけど。

別にそのことを思い出したわけでも、桜井君とみやびのようなシチュエーションが当時あったわけでもないのにこの回の高校時代シーンはなぜか泣けた。

第7話今井美樹/Piece of my wish

今井美樹の歌声はすごくきれいで歌も当時は好きだったのに。
略奪結婚?してからは印象悪いなぁ。

いや略奪愛が悪いというわけではなく。
観てる側からは面白いからいいぞもっとやれとは思うんだけど。

キレイな声できれいな歌うたってる人はやって欲しくないというか。
まあ単なる我侭です。

第8話中山美穂/世界中の誰よりきっと

何の思い出もない・・・

第9話ドリカム/すき

ドリカムの中でもストレートなのキタコレ。

最終話ユーミン/卒業写真

まさかの締めはユーミンでした。
高校時代にいい思い出があるっていいなぁ。
なんもないどころかイヤなことしか覚えてない・・・
何してたんだ自分。

原案はスパルタ婚活塾

本を読んだだけで型どおり恋愛がうまくいくなんて絶対あるわけないんだけど。
っていうのは夢をかなえるゾウの話の時も思ったんだけどね。

ドラマが面白いからまいっか。

てことで立ち読みしようと思った本屋さんでことごとく全然置いてないw

男と女なんてそんなに単純じゃないし、そもそも出会いがないのはどうすれば。
お見合いパーティーなんかに参加できるエネルギー持ってる人ばっかりだと思うなよ。

芸能人は出会いが多くていいなぁとか離婚してもすぐに再婚繰り返すカップルたち見てると思ってしまう。

かといって職場の人に飲み会誘われてウザいと思ってしまう自分もいるのが悲しい。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です