地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子出演決定~ふわふわした大学生作家役

日テレ水10ドラマ、サンチーの後は校閲ドラマ。
主演は石原さとみちゃん。
最近は変な喋り方だからそこは変えて欲しいけど相手役としては楽しみだ。

菅田くんと言えば立川駅の東京行き階段脇にホットペッパー看板。
ビックリしたけどあーいうの好きw

髪切りたいやぁ~~~~
っていう表現だったのね。

原作は角田光代も絶賛の宮木あや子

宮木あや子さんのデビュー作花宵道中は知りませんが原作の校閲ガールを読んだ感想は。

これって石田さとみと菅田将暉のドラマを視野に入れたアテガキなの❓❗ってこと。
それぐらい読んでて石原さとみで再生されました。

菅田くんのは形いい眉とか高い鼻とか細長い指とか。アフロヘアなのはおいといて(明烏?と思ったけどそれはこの作品のあとだったから違ったらしい)

まあ菅田くんがやるこの是永是之って人はあまり出てこないんですけどね。(続編はまだ読んでないからわからないけど、本編だと一応主役の恋の相手なので本人の登場はなくても話題にはのぼる)
ドラマでは準主役っぽいのでたくさん出てくれるといいな。

けど、石原さとみちゃんは結構自分自分の人なのか。
テレビ誌でのコメントもしかしたら編集で切られてああなったのかもしれんけど菅田くんとのインタビュー会話が噛み合ってなかったのが笑えた。

もしほんとにそうなら菅田くんやりにくそう。頑張れ。

原作本に関してはエピソードごとに一話完結でとても読みやすいし絵も想像しやすくて一日もあればすぐに読めます。
校閲っていう特殊な仕事のお話だけど、舟を編むも読んだし最近では本屋さんとか漫画の編集とかのドラマも見たり今やってるサンチーのドラマの中にも出てきたりしてたんで意外ではなくてむしろ既視感があって。

そしてこの手の主人公の性格とかもわりとあるあるパターンでベタというか。
(実際の校閲の仕事されてる人のイメージではないけど)

それをどこを角田さんは絶賛しているかというと、校閲なんでその対象となる作品があるわけです。
で、その作品が小説だったら小説だけであったとしてもいろんなジャンルできっと受けると思うんですけど、その作品の一部ではありますがちゃんと載せてくれてるんですね。

是永是之の作品もわけわからんけどおもしろい。全部読んでみたい。

その作品を書いているのもこの宮木さんなんですね。
ワタシ角田さんの解説を読まなかったらこれスルーしてて気づかなかったです。

ともあれなかなかおもしろかったので続編も読んでみようかな。ドラマと同時進行で。

お仕事ドラマや小説読むたびにこんな仕事もあるんだなぁって、自分が学生時代に知ってたらなぁってホント何も考えずにただ学校を卒業してなんとなく就職して転職して…って自分の何もやってこなかった無駄な人生恥じたくなる。

そんな負の感情吹き飛ばすような明るい楽しいドラマになるといいな。
今のサンチーがそんな感じで面白く見てるので期待。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です