思ったことを思ったままに口にするのは実際は楽じゃないよね~となりの怪物くん

となりの怪物くんは菅田くんと土屋太鳳が出演する2018年4月27日公開の映画です。
原作は2013年頃の少女漫画。

てことで発表があった頃から読み始めてたコミックですが、まあ面白くないんでなかなか読み進まず。(13巻で完結。実質12巻で完結。)

絵はかわいいんです。好み。
でもストーリーが怪物っていうイメージとはかけ離れてて、高校生たちの青春ラブストーリーなんですけど大した事件も起こらず。
あー続き読みたいとはなりませんで、10巻ぐらいで止まってたんですけどキャスト発表があったんでレンタルして一気読みしました。

原作コミックのストーリーなど(ネタバレ含む)

とある高校。
勉強が趣味の雫とたまたま隣の席で世話を焼く羽目になる春が周りを巻き込んで巻き起こす青春ラブストーリー。

お互いが家庭環境に特殊な事情を抱えるために普通ではない高校生活を送っていた2人が出会い生活は一変。
恋とか嫉妬とか友情とか、そうとはわからないままに学んでいくふたりなのでした~~

あまりにも何も起こらないお話なのでこんな感じにしか書けない…
雫は爽子ほどかわいげはないけど君に届け別バージョンみたいな感じ?w

そしてテーマが上には上がいるってこと?

主役2人の家庭環境が一般的でなさすぎるから感情移入できないし、高校が舞台だから登場人物多すぎて。
そんで主役の特権でふたりはそれぞれにまあモテるモテる。

だから最後は雫は春とは結ばれないかと思ったんだけどねー。
王道のベタベタなオチだった。

ちなみに怪物くんって言われて思い起こすのはあのチビでデカ耳のあのキャラなんだけど人並み外れた能力の持ち主って意味らしい。
で、春は超絶頭がよくて勉強してるシーンとか全然ないんだけどいつも学年トップとってるようなヤツです。

実際そういう人っているのかな?
勉強しなくても試験で満点取れるような人。
それってどこの能力なんだろう。記憶力?理解力?生まれ持ってるものなんだろうか。

自分の経験で言うと中学では上のほうだったのに高校上がると中くらいまで下がってしまい上には上がいるんだと知って何度目かの挫折を味わったんですが。
教科書見ても例えば数学だと、複雑な方程式とかどうしてそうなるのかがわからなくなり一つ先へ進めなくなってからはすっかりやる気がなくなってしまいました。
なので宿題とかも人のを写させてもらったりして。

歴史とかも大河なんかで扱うものは今でこそ面白いと思えるけど、当時は全然興味なくて。
これって教師のせいもあるのかな~。
それこそ恋するような素敵な先生の授業だったら真剣に取り組んだりしたんだろうか。

現実は厳しいよね。
素敵教師も優しい友達も彼氏もいない地味な高校生活。
二度と戻りたくない。

登場人物についてなど

春が菅田くんで雫に土屋太鳳はまあいいんだけど。
土屋太鳳ちゃんは鈴木先生や真夜パン辺りまでよかったんだけどなぁ…どーしてこーなった。

けど雫のイメージ的にはピッタリだと思う。
家庭環境のせいで雫はクールなガリ勉キャラなんだよね。
そんで思ったことは口にする。
勉強だけが友達だからそれで嫌われてもかまわないっていうある意味カッコいい生き方なんだけど、それが女子高生だからイヤなやつに見えちゃう。
まあその辺りは話が進むにつれ雫も自覚してだんだん変わってはくるんだけど。

その他のキャラの配役にもこみち以外魅力感じないなー。

夏目ちゃんは美人でないとダメなのに。
優山(春の兄)はイケメン度が足りないし。
ササヤンに関してはヒドすぎる…

個人的にはヤマケンが好きなので楽しみにしてたんだけど。
今回ジャニがいないんだ。
まあストーリー自体がつまらんからね。
最後の高校生役?菅田くんを堪能しよう。

そういえば雫の弟役はだれなんだろ。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です