まほろ駅前番外地

まほろ駅前番外地 (文春文庫)
まほろ駅前番外地 (文春文庫)


これスピンオフみたいなおハナシだったのね。
で、多田・行天メインじゃなかったので読み出してちょっとガッカリしたりもしたんですが、そこはふたりが主役なだけあって。

過去のことかと思いきや、現在進行形で進んでいくんだもん。
なんかおもしろいよね。

ふたりの関係性にも発展みたいなのがあって。


岡さんの話と由良のターンは結構好き。
行天の破天荒な行動が読んでておもしろいからかな?
しかし星のターンだけ、ちょっといやな感じ。
この人登場するからドラマの方はどうしても暴力的になっちゃうんだろうか。
(いや星関係してないんだけども)真木よう子の回のおハナシも原作でちゃんとあったけど、ドラマの兄のあんなエピソードはなかったんだよ。

なんであんな終わり方にしたんだろうか。
多田も病的な殴りかたしてたよな~~
最終回のまとめにしたかったんだろうけど。
あれは違うような。

だってあれだと多田は救われてないもんね。心が。

原作の方は最後、多田も行天もふたりでいることで(邪魔扱いされてたけど)ちょっとは救われたのかなぁ。。。と。
はっきり書かないいい終わり方でしたね。


・・が、しかしドラマ最初から見てなかったので多田の心の変化はあまり見れてなかったのかも。
ちょうとBSで始まるので今度は最初からちゃんと見ることにします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です