郵便局のハガキ交換は健在だった

ハガキ交換手数料

ハガキ交換手数料

郵便局も民営化したり上場したりいろいろ変わりつつありますが、変わらないこともあります。

まあ通信の切手とかハガキとかの類はここしかやってないからなんだろうけど。
去年の残った未使用の年賀状や古いハガキを切手に交換できたりします。
手数料は1枚につき5円。

差額を払ってそのまま他の郵便物の送料に充てることが出来ちゃうんですね~~
おかげで書留に500円かかるところ、150円程度で済みました。

たしか書き損じハガキなんかも大丈夫だったような。
郵便で送りたいものがあるときは、未使用の葉書をぜひとも探してみてください。

宅急便もメール便とかいろいろ頑張ってますけど、やっぱり近くにあるし郵便局最強です。

自分が誤配トラブルの被害にあったことがあまりないもんで(マンション内の誤配があった程度)あまり意識したことはなかったんですが、送ったものはちゃんと相手に届くものだと思い込んじゃってます。
でも意外と郵便物の誤配だの紛失だのって多いんですねぇ。
最近ではマイナンバーのこともあり気になって調べてみました。

郵便法なんてものがあるらしい。
普通郵便での紛失等では責任は問えないみたいで配達員さんは結構守られてる感じです。

でも普通に送りたい場所へ送りたいものが届くってのはありがたい限りなので感謝の気持ちでいっぱいです✨

平成2年の切手

平成2年の切手

25年前の切手代は封書が62円、はがきは41円でした。

平成7年の切手

平成7年の切手

それが5年後には80円と50円になりました。

20年後の現在、82円・52円なので11~20円値上がりしただけなんですね。
いや~そう考えるとスゴイわ。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です