親知らずを抜いたら化膿どめで薬疹が出た!

長年放置してきた親知らずがたまに疼いたりしてたので歯のお掃除もしないとだったので近所で腕のいい歯医者を予約して行ってきました。
以前行ったことのある別の歯医者でそれとなく親知らずの虫歯のことは言われてたんですが、うもれ歯のためここでは処置できないと言われたため放置。
これがいけなかったヽ(´Д`;)ノ

虫歯はさらに進行しててその前にある奥歯まで道連れになってました :sikusiku:
急がないとそっちの歯まで抜く羽目になるかもしれないため、最悪紹介しれくれるという大きな病院で入院しての抜歯を決心。

したらそこは腕のいい歯医者。
時間はかかりましたが、うまく抜いてくれました。

抜歯後の親不知

抜歯後の親不知

と、ここまでは良かった。

抜歯したため化膿どめとして飲み薬を処方されたんです。
古くからあるペニシリン系のお薬でサワシリンというカプセルのやつ。

確かもう一つ鎮痛剤を処方すると言われたけど、こちらはほかの薬飲んでるのでやめましょうと言われ出されなかった。
でももしかしたらそっちは大丈夫だったのかも。

だってサワシリン飲んだ次の日の朝。

薬疹ステージ1

薬疹ステージ1

わかりづらい写真ですがほんのりとブツブツが。
あ、これはヤバイとすぐに薬を飲むのをやめました。

というのも、もうかれこれ20年くらい前ですが、同じように化膿どめで手にブツブツ出たことあったんです。
当時は薬のせいだなんて知らなかったから、その薬の名前も知らないし、まさか20年経って薬が進化してないなんて思わないじゃないですか。

とりあえず、薬を飲むのをやめて自己治癒力にかけることにしました。
手だけなら別にいいやって思って。

甘かった :orz:

薬疹ステージ2

薬疹ステージ2(約1週間後)

ブツブツがどんどんひどくなるよ~~ :een:
しかも、今回は手だけじゃなくて足の付け根と脇腹あたりにも広がって、痒いやら痛いやらで放置できなくなってきた。

しかし仕事でなかなか病院に行けない。

結局その後の歯医者で抜歯後の消毒に行く1週間後まで行けませんでした。
ただそのことを歯医者さんに言ったら皮膚科の先生に手紙を書いてくれました。

で、ようやく皮膚科で受診することができました。

手紙は封がしてあったのでなんて書いてあったかは知りませんが、おそらく2度目の反応であること、を伝えて処方してもらったのはかゆみとアレルギー反応を抑える優しめの飲み薬。とステロイドの塗り薬。

あとは水分をたくさんとって悪いモノを外へだしていきましょうと。
病院へ行けたことと薬を飲んで治療するってことにもうこれ以上ひどくならないよねっとホッとしてたのも束の間。

薬疹ステージ3

薬疹ステージ3(約10日後)

ブツブツが出てたところはだんだん痒さもブツブツもマシになってきましたが、

薬疹ステージ4

薬疹ステージ4

今度は腕に新しく赤い斑点が出てきた :no:

皮膚科でそのことを告げると、体に影響を与えた物質自体はすでに出て行ったかもしれないが、一度反応したことでもう止まらなくなってる状態だと。
今度は強めのステロイドの飲み薬を処方されました :(´・ω・`):
ようやく痒いのからは解放されてきましたが、今度はその薬の副作用で眠くてしょうがない。

早く治ってくれ~~ :(`Д´) :

ちなみにペニシリンの薬は古くから使われている薬なので、それほど進化はしていなく普通はこんな反応でないものだそうです。
確か漫画とドラマの仁でやってたやつよね。

それから、抜歯後の痛みはズキズキとありましたが、出血はそれほどなく化膿どめを飲むのをやめたことで痛くなったり腫れたりとかはなかったです。
調べてみると歯医者によっては出さないところもあるのだとか。
せっかく無事に抜くことができたと思ったらこんなところに落とし穴があるとは思いませんでした。

2週間経ってようやく症状はおさまって元に戻りつつあり、もうこんな思いはしたくありません。
救いだったのは冬だったこと。

お薬手帳にしっかり書いておきましたヽ(´Д`;)ノ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です