2006年秋ドラマ考

納得できないまま終わったアンフェアのスペシャルもさらに納得できないまま終わり、また新しい秋ドラマが早くも続々と始まってます。


今期の注目は以前ドラマ化されるって言われてて結局ポシャった私も愛読しているコミックののだめカンタービレ。
音楽ドラマって難しいんじゃないかと思いますが、のだめちゃん役の上野樹里ちゃんが、妙にはまってていい感じですね02.gif


コミックはまだまだ連載中なので、ドラマとしての今後の展開に期待です。
そもそもこのコミックを読もうと思ったきっかけは、本屋さんでの紹介がすごかったんです。

佐々木倫子の動物のお医者さんワールドが好きなアナタはこれもはまるはず・・!!

みたいなpopだったんです。
いや、全然違うから・・・( ; ゚Д゚)


でも初期のほうがおもしろかったよ。。。
主役のはずののだめちゃんが活躍(?)しないとね。


コミックが原作のドラマといえば。
他にもだめんずとかいろいろありますが・・・。
はたして視聴率合戦に勝つのはどの原作なんでしょうね?!


のだめカンタービレ特集
ドラマ原作本


その後、録画していたのだめカンタービレみたんですが、思ってた以上に原作に忠実なんですねーーー(゚Д゚;)
ビックリしました。
原作に忠実っていうのは動物のお医者さんのドラマ化を思い出させました。
作者の想いが伝わってきますねーー。


こうなってくると、最初はイメージじゃなかった玉木宏くんも真一にちゃんと見えてくるから不思議です。
のだめちゃんはぴったりなんですけどねー。
っていうか、上野樹里ちゃん演技うまいですな。


唯一気になったのは、ハリセンと谷岡センセ。
このふたりは全然イメージに合わないです。
もっとぴったりの人いたのでは?!
今後のキャラ展開に期待です。


視聴率はなんかイマイチだったみたいですけど・・・(;・∀・)
ま、役者陣にパッとする人がいない(失礼ですけど16.gif)ってので、18%台はけっこういいのでは?!と思うんですが。
これでジャニがでてたらまた違ったんでしょうか?!


いや、音楽(クラシック)がテーマってのがちょっとわかりづらいのかな?
コミックだとなおさらなのですが、実際に音楽を聞けたにもかかわらず、千秋の解説聞いてもはっきりいって私にはどこがどう違うのかよくわかりませんでした・・・。


かといって、Dr.コトー診療所2006のあの視聴率のよさもよくわかりません・・・。
医者ドラマ強し!!ってところなんでしょうか?


Dr.コトー診療所 20 (20)
Dr.コトー診療所 20 (20)
山田 貴敏


他、コミックが原作のドラマとしての大穴は、アンナさんのおまめでしょうか。
主演がなんとベッキーですよ((((;゚Д゚)))
金曜の遅い時間帯なんですが、その後の番組が見たいからつけてるんですけど、つい見てしまって。。。
見ててけっこう疲れるドラマですヽ(;´Д`)ノ


アンナさんのおまめ 1 (1)
アンナさんのおまめ 1 (1)
鈴木 由美子


さかな顔ってのには笑えた(=’m’)
本とかコミックが原作でないドラマのほうが今期はおもしろいのかな?
っていってもこのくくりでは僕の歩く道と14才の母くらいしか見てませんが・・・。

コメント

  1. 藤原紀香の だめんず・うぉ〜か〜

    ダメな男ばかりを好きになってしまう様な男を見る目のない女(だめんず・うぉ〜か〜)たちが、まともな男を好きになり幸福をつかもうと悪戦苦闘する姿を描いたマンガ作品。
    作…

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です