うちの老犬がとうとう歩けなくなりました。

14480836645020その日仕事から帰ってきた晩、2匹に何が起こったのか。

11/18、ライザは後ろ足が立てなくなり、リッチーはどうもヘルニア再発したらしい。なんだか様子が変。

もう数年前から後ろ足は歩き方がおぼつかなくなり、かなり弱っていたのはわかってたんですがこんな急に立てなくなるなんて思ってなかったので結構ショックでした。

いつもはストーカー犬として何をしててもついて回ってたのが来れなくなりギャンギャン訴えてきます。

これをとったら何が残るのってくらい食欲の塊のパグが食べることもままならない。

しょうがないので手で食べさせるも、辛いのかあまりこの日は食べてくれませんでした。
食欲がないわけではなさそうで、欲しがるものの食べないを繰り返し、もういいと思ってその日は様子見でおくことにしました。


11/19

近所の動物病院は軒並み木曜が休診日。
そばでいても何もできないので泣く泣く仕事へ行きました。

やっぱり食欲だけはあるみたい。

てことで、ご飯はいつもの半分くらい手であげて、動けないから普段いる場所に新聞紙とトイレシートを敷き詰めて水入れもそばに置き、時々痛がってるけどまだ元気な様子を見せていたリッチーによく言い聞かせて出勤。

いろんな覚悟はしつつも食欲があることで少しは安心もあったりして、複雑な気分で仕事をこなし、びくびくしながらダッシュで家に帰りました。

玄関のドアを開けたら、いつもなら走って迎えに来てくれるところ。

当然ライザは走っては来ない。
リッチーのみ。

けど奥からワンワンワンと元気よく吠える声。

ホッとしました。

おや⁉
そして、出勤前と帰宅時とでいた場所が違う❔

じゃあ少しは歩いたんだquestion.gif
いやハイハイで匍匐前進したのかもquestion.gif

少しは希望も見えつつ、いつ何かあっても後悔しないよう、こんな時のために買っておいた少しお高めのレトルトパウチのお肉のごはん。
を食べさせてみることに。

おお食いついた食いついた10.gif

見事ながっつきぶりで完食。
またまたほっとしました。

これなら大丈夫そうだと不安も残しつつ、あと一日頑張れば連休だからと頑張りました。

11/20

もしかしたら歩くかなと思ったりもするけど、やっぱりまだ歩けない。

食欲はある。

排泄もある。

この日も不安を残しつつ、仕事へ行き、帰ってくると。

やっぱり歩いた形跡がある( ゚д゚)!!!
なぜ目の前で見せてくれないのか。

不思議に思いながらもその形跡は粗相の痕だったのでそれを片付けるも、食欲が止まらない。
あれ。結構元気でないの…

11/21

ようやく獣医さんに診てもらえました。
こうなることは予想されていたみたいで、原因はいろいろ考えられると。

そして何よりもしかしたらまた歩けるようになるかもしれないと。

レントゲンを撮り、ステロイドの注射をしてくれました。

どうやら腰が悪くなり、下半身がマヒしているらしいとのことだったんですが、レントゲンからはそのことははっきりとは読み取れず。

横隔膜と肝臓がなんかおかしいというくらいで歩けない原因は特定できなかったんですが。

場合によっては介護も必要になるだろうけど、あきらめではなく、ちゃんと治療もしてまた歩けるようになることもあると言ってもらえたことが本当にうれしかったです。

しばらくは安静にして様子見で、処方されたステロイドを投薬していくこととなりました。

11/22

朝起こされました。
ハラヘッタと。

・・・・・(((((((( ;゚Д゚)))))))!!!!!??!

歩いてるじゃねーか!!!

水飲んでます

水飲んでますヽ(;´Д`)ノ

こんなにもステロイドの注射が効果があるのかとうれしくて獣医さんに開業時間から間もない時間に迷惑だろうと思いつつさっそく電話。

ステロイドはステロイドですが、神経系統に効くものだったそう。

処方された飲み薬の方も、副作用がこわいので明日までとりあえず1錠ずつ飲ませることに。

いや、ステロイドって言ったらかゆみ止めとか炎症どめとか痛み止めっていうイメージしかなかったんで神経に効くとはまさか思いもよらなかった( ゚д゚)!

でも、この効果があったことで前進したよね。14481775514830

右がライザに処方されたステロイド。
左はリッチー用。

薬が切れたらまた歩けなくなるかもと、思ったりしますが今のところ歩いてます。

そしてやがては、薬のませても歩けなくなる日が来るんだろうなと、老犬との介護の日々を身近に感じつつ、準備していかなきゃね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です