怪盗探偵山猫~ドラマの最終回が手抜き過ぎる終わり方

ドラマの終わり方が臨床犯罪学者 火村英生の推理と全くおんなじパターンで記憶に新しい土曜9時亀梨ドラマの原作。

このドラマで広瀬すずを認識しました。

そしてこのドラマの亀梨は結構好きw
最近の亀梨ドラマでは深キョンとやってた変なダンサー役がキョーレツな印象だけどもやっぱりこういうコミカルな役が合ってるよね。

ドラマ自体はながら見してたことが多くって途中のストーリーがなんだかよく分からなくなってたんだけど成宮寛貴が裏切ったあたりからちゃんと見だしてそしたら何ともスッキリしない終わり方だったw

まああの女子2人が生きてるだろうってことはわかってたんだけどね。
続編でも狙ってるんか。

原作小説

原作は心霊探偵八雲で読んでた神永学さんのだったんで結構期待してたんですけどね。

ドラマが先だったからかシリーズものだからなのか、ドラマのストーリーが濃すぎたからなのかとってもショボく感じてしまった。

なんか序章って感じ。登場人物もなんか全然違う。

あとがきで作者が文庫化が難しいと言われてたと語ってるんでもしかしたらものすごく長い長い作品で1冊に切るのが出来なかったとか?
そんな風に感じるくらいあっさりと終わってしまった。

心霊探偵でも思うんだけどこの人の作品は漫画で読みたいんだな。
きっと文庫のカバー表紙が鈴木康士さんて人の絵なんだけどすごく雰囲気に合っていてイイ感じだからなのかも。

心霊探偵の後藤刑事もさらっと登場したりしててそういう演出はキライじゃない。

けど続きを読もうかと思うとそうでもないっていう。
ドラマの続編なら見たいかな。

ドラマの感想

なんかね。亀梨もいい感じだったけど、佐々木蔵之介が妙に色っぽいドラマだった。
山猫が子役時代も蔵之介は蔵之介のままだったしいくつやねん。
調べてみたら年上だった。

タイトルからして怪盗ルパンみたいな感じで1話完結の軽い話だと思ってたらそうじゃないっていう。

まあ冒頭のシーンからちょっと訳ありだってのはにおわせてたんで最後はそこへつなげるとは思っていたけど最初からずーっとちりばめられてたね。

なのに最後の方では視聴者からの疑問を募集してみたり手抜き過ぎる展開になってしまったのは残念だ。

1話での登場人物をそのまま仲間にするっていう手法もベタで嫌いじゃないけど真央で魔王ってのも結構好きだけどw最後の真央から山猫への説教はちょっとヒドイ。

だけどいろんなセキュリティを解除できるくらいのハッキングスキルはうらやましすぎる。
なんにせよ広瀬すずはもう覚えた。けどアリスとの違いがわからん。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です