デスノート Light up the NEW world舞台挨拶~私の理解が追いつかないのも計画通りでよろしいか

14777954559592

本日公開のデスノート Light up the NEW world観に行って来ました。
舞台挨拶2回目の分です。
日テレ系列ってことで進行役は藤井アナ。
マスコミ入ってないのでのびのびとトークショーするって東出さんは言ってましたが。

いやトークショーじゃないから!
そんで自分の名前を噛む。東出さんって見た目あのまんまなのね~ステキ。

最後に池松くんの先輩でもある松ケン(Lの方ね)からの手紙を読むんだけど、将棋映画(聖の青春)の番宣ぶっこむ松ケンw

東出さんも空気を読んでピー入り(実際は読みとばしです)や超早口でオモシロすぎるwww
そんでその手紙をなぜか東出さんから奪い自分の懐にしまう菅田くん。どういうこと❓❗

そしてこれから観るのに死神の声をネタばれする監督。
菅田くんと同じマネージャーさんの人だそうです。

トークショーwの中身は、デスノートがあったら使わないだろう人は誰かというのを監督含めてせーので指差し。

これは見事にバラけて、菅田くんは監督、池松くんが菅田くん。東出くんが池松くんだったかな?
菅田くんを指した理由は真面目だからって。
真面目だとは自分でも言ってたけど(自分で言うな)でもやっぱりあったら使ってしまうだろうってことでした。

最初の方は自分だけが知ってるあと2人の秘密を暴露。

菅田くんは東出さんのケータイストラップのことと池松くんのパンツの色を教えてくれました。
ちゃんと言う前に言ってもイイ?って聞く菅田くんカワイイ。
東出さんは優しそうだから聞かずに言っても怒らなさそうだけど。

菅田くんがアップするように言ったから(意訳)書いちゃうと、昌大と入った将棋の駒のストラップの裏側は杏と入ってるんだって。カワイイ夫婦だな。

ただでさえ背が高くて電車とかでも見つかってしまう東出さんは、さらにそのストラップの名前で確信されて声をかけられるハメになったと。
じゃあ外せよ。
とはつっこまないみんな優しい。

見かけたらぜひ声をかけてあげてください。
森の香りがするそうなのでそれも堪能してみてくださいね。
ちなみに池松くんのパンツの色はだいたい黒だそうです。
けど菅田くんが目撃した時グレーだったそうでそれを言ったら色あせたんじゃないかって。
池松くんも結構面白いよね。素顔の方が明るいなんて言われてました。普通俳優さんは逆だそうですが。

そんな池松くんが教えてくれた菅田くんの秘密は目がスッゴい悪いこと。まぁみんな知ってるよねと。
東出さんは大阪のイベント行った時の菅田くんが大阪人なのに東京天国とかかれた服を着てたと。

そうして東京にのまれてくのね・・・
でも関西ローカル番組もいっぱい出てるみたいので許す。

とまあホントのびのびと仲良しな3人が見れて楽しかったです。

監督も菅田くんもフラットな気持ちで映画観てと言ってたけどフラットもなにもなんだそれっていう。

あ、本日の菅田くんファッションはテーマカラーの白一色。
スーツっぽかったけどあれベストかな?とよく見えんかったのだが、やっぱりベストだったのね。
後ろの方の席だったため靴がよく見えず。
今日は通路を通っての入場だったので触れたり、握手してもらってる人たちがうらやま~~だったわ。

14777954373661

ホントはこういう衣装の方が好きなんだけどラフすぎてダメだったのかな。
この東京暇人ていう番組での池松・菅田のテンションが低すぎて今日のテンション高めでよかったな~としみじみ思いました。
東出さん、お疲れ様です。

映画のネタばれ

そんな映画の中身ですが。
前にも佐藤信介監督がネタばれを見ずに何も入れずに見て欲しいと言ってたけど。
一応前日の日テレの予習というか復習?はしてたんだけど、途中で直太朗のオールナイトニッポンを聞いたり菅野美穂×松嶋菜々子ドラマを見たりして結局予習不足。
そんでもう始まってから眠くて眠くて。(けしてつまんないから眠かったわけじゃないです。)

なんかもう、最後の方展開早すぎて眠い上に頭の回転遅い私にはちょっと理解が追いつかなくて。
理解できてないからネタバレってほどネタバレしてないとは思うんだけどいやな人は読まないで。

映画見た後で番宣番組チェックしてたら結構な場面たくさん出てますね~。
そしてネタバレしたくてたまらない菅田くん。あああの場面ね。って観た後にまたその番組見てみるとおもしろい。

⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇こっからネタバレ含みます。⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇

そもそもデスノートのルールって大杉。
それをふまえて観てると騙されないかも。

所有権を放棄すると記憶が消えるとかね。
これは今考えたら最初の方にヒントが出てたりもするんだけども。

死んだと思ったら生きてるし、敵だと思ったら仲間だったり?

もうそうなったら何でも有りで死神リュークは人間手伝っちゃうし、何が正義で何が悪なのかワケ分からん。

まあテーマがそこにあるんだろうねぇ。

6冊あるのに海外にあったのがたった2冊とか。
そんでノート使うとすぐにバレる。っていう。

紫苑菅田くんは全体的に三島、竜崎よりも出番少なくて残念だったけど、リュークと死神の目の契約したシーンが超絶美しくて撮影班の愛を感じた。

14777954234720
最初の方のミサミサとの車のシーンがフードをかぶってたからか顔が丸くて暗くてどうしたの?!って思ったけど途中で普通になったからホッとした。

ミサミサ(戸田恵梨香:身長同じくらいなのに体重が10㎏近く違うって…)ともども最後死んじゃうんだけどミサミサの最期は泣けたわ。
ノートにかいた死に方が切なくて。
あれはかなわなかったのよね?

そして菅田くんの最期のシーンは何かのオマージュかな。似たようなシーンを見たことある気がした。松田優作かな。
でも菅田くんのことだからきっと最後に何かあると思ってたらなかったw

腕時計に忍ばせたノートの紙切れにキラの本名?書いたのは何だったの。
そういえばミサミサも紫苑も、めっちゃ名前の文字書くの早くてワロタ。即死って文字だけあらかじめずらっと書いてあったけどあれはOKなの?

もはや途中からLとキラ(ライト)がどっちがどっちかわかんなくなってしまい、そっからどんどん後継者がどうの三島がどうしたって怒涛の展開したからついていけなかったんだけどノベライズ出てるみたいので読んでみよう。

結局東出さんが主役ってことで頭のいい人ならそこで気づくんだろうなと。まあそんな感じです。

ってことですべて計画通り言われた最後の最後(エンドロールのあと)の藤原竜也にムカついた!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です