ピンクとグレーの菅田将暉はズルい

さっきピンクとグレーの映画見終わりました。
いや~見ごたえありました❗

正直言って菅田君出てるけどジャニーズの原作だし、中島裕翔は鷲尾役でまあまあの演技力は見せてたけど侮ってました。

ちなみにまだ原作は読んでませんが断然読みたくなってきました。

ピンクとグレー高校時代のワンシーン

ピンクとグレー高校時代のワンシーン

菅田くん・・・
青春シーン満喫できて良かった言うてたのに・・・ズルいわ。

あれで出番が終わるとは。

まあしかし、菅田くんのりばちゃんはコロコロ表情変わるから目が離せなかったわ
((( ;゚Д゚)))
心が痛くて辛くて直視できないくらいのヘタレ具合もさすがでした。

映画について(ネタバレ含む)

ここから先はネタバレ含みます
知りたくない人は読まないで下さいね!

実は私もどこかに投稿されてたのを読んでしまい、知ってたんです。
だいたい。

でもずっと中島君と宣伝出てたし、中島君の役は死ぬってことだったからもしかしたら実質的主役は菅田くんの方じゃないかって思ってた。

まあ前半部分でいえば、ピンクの方ね。
菅田くんが主役であってるといえばあってるんだけど。

まさか先輩俳優役だったとは。
まあ劇中劇だから役者でないと無理があるんだけどね。

ややこし過ぎて(いやそんなにややこしくはないんだろうけど頭がついていかない)、どういう風に見て行けばいいか難しかった。
なんせ役の中で役を演じてる訳ですからね。
まんまと罠にはまった。もっかい見たい。

まあでも、すごかった。落差が。
夏帆も同じ。

でも当然菅田君は映画の中で役者が役でりばちゃんを演じてるってことを意識してたそうな。
あ~ややこしい。

あれだけ差があると逆に演じやすかったのか、最後の方スゴい楽しそうだった。
いやそういう役作りだったのかも知れんが。
ちょっとだけ鬼ちゃん入ってた?!

中島君も、菅田くんに影響されたか時々菅田くん(りばちゃん)に見えたよ。
怒鳴り方とかもそっくりなシーンがあった。
同じ人を演じてることになるから正解なんだけど。

役者デビュー後のワンシーン

役者デビュー後のワンシーン

雑誌のインタビューで、映画で描かれてるような裏世界的芸能界は目の当たりにしていないとは菅田くん言ってるけど、数年後菅田君がホンマにあんなふうになってたらどうしよ。
芸能界コワイコワイ。

でも成瀬凌ってホントは優しい先輩だよね。
りばちゃんのことハメはずさせて発散させようと会員制のあやしい店連れてってあげたり、サリーにほんとのこと言ってあげたり。

ボコられても許してあげてたし。
あれで解放させようとしてたんかいな。
ごっちと親しくしてたみたいだからいろいろ聞いてたのかな。
それこそ面倒みてやって的なことごっちが成瀬凌に頼んでたのかも。

最後だけわかりにくかったけど、あれは幽霊との対話なの?
自分自身との心の決着つけたってことなのか。

なんせ遺書は6つあったわけで。

ごっちのお姉さんの言葉。

やれることを、やるの。
やりたいことじゃなく。

ここからすべて始まってる気がするけど事故なのか自殺なのか。
もうちょっと考えてみよう。

しかし中島君も菅田くんも濡れ場シーン体当たりだった~~
中島君なんてジャニーズなのにいいんかいな(;´Д`)

ピンクとグレー高校時代のワンシーンその2

ピンクとグレー高校時代のワンシーンその2

高校生時代も違和感なしヽ(;´Д`)ノ

Nのためにで窪田君、榮倉さんが演じた高校生も爽やかで良かったけど、ホント俳優さんてスゴいわ。

それにしてもあんな読者モデル?のスカウトで片方はぱっとしないのに(ごめん菅田君)2人とも採用されるもんなの?
まあ、実際は柳楽優弥と中島裕翔だからさもありなんなんだけどさ。

その時点でごっちだけが採用されてたら違う道もあったろうに。
いや、ぱっとしない時点で違う道に進むべきだったんだね。

チャンスはあったんだよな。
バーターは嫌だとか言いながらもしがみついてたけど、そこをもっと掘り下げてほしかった気もする。
なんでそこまでして芸能界にいたかったのか。

原作との違い

結局理解を深めるのと加藤シゲアキへの興味から原作本一気読みしました。
なるほど疑問はいろいろ解けたけど結末は全然違った。
その意味では映画の方が救いがあって良かった。

けどやっぱり衝撃演出よりもごっちとりばちゃんの青春、友情に焦点あててほしかったかな。

映画としての面白みはなくなるかもしれんが。

それくらい中島君のごっちと菅田くんのりばちゃんは良かった。
映画→本だともうそれでしか浮かばなかったよ・・・
サリーはどうでもいいw

原作はもちろん小説なので映画のような騙し展開ではありません。
その部分はりばちゃんがごっちとの日々をノンフィクションで本を出すという方。

この作品自体それを意識したかかれ方なのか時系列がバラバラで初めて読むには少し理解しづらいかもしれません。

けどおかげで一気に読みたくなることうけあいです。
最後はなんじゃそりゃ?!ってなるけども。

けどりばちゃんの行動はあれは望んだといえ精神病む。
もっと早く気づいてふたりで頑張れれば良かったのにね。

姉ちゃん罪深いわ。

ちなみにりばちゃんというあだ名は河から取ったと思ってたらそれもあるがリバーフェニックスからなんだって。

image

なんとなく菅田将暉に似てなくもない?!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です